歯の健康を保つ定期検診

>

家庭での歯のケア

正しい歯磨きの方法を知ろう

まずは歯ブラシから見直していきましょう。
歯ブラシのブラシの大きさは、口の中で動かしやすいものにします。特に奥歯を磨きやすいような大きさのものを選びましょう。毛の硬さは、歯茎の健康状態に合わせます。歯茎が丈夫で健康的であれば、硬めの歯ブラシを使うことをお勧めします。出血するようであれば、柔らかいものを選びましょう。歯を磨くときに強い力を加えないためにも、握りやすそうなものにすると良いでしょう。また、ブラッシングだけでは汚れを落としきれないということを認識すべきです。歯磨きが終わった後はデンタルフロスを使った、歯と歯の間の至高を取り除きましょう。綺麗で健康的な歯は、日々の歯磨きの習慣がとても大切なのです。

食生活に気をつけよう

歯の健康を保つためには、食生活に気をつける必要があります。
まず、食事の回数を一定数以上に増やしてはいけません。食事の時間に、まとめて食事を済ませるのがポイントです。メインの料理だけでなく、デザートまでを一連の流れで行ってください。そして、食事が終わったら忘れずに歯を磨きましょう。歯を磨くことができない場所であれば、口をゆすぐだけでも効果があります。とにかく口内に食べかすを残さないことが大切です。歯を磨いたあとは何も食べてはいけません。だらだら食事を続けるという行為は、虫歯の原因になりますので避けましょう。また、食べ物をよく噛むことも重要です。唾液は口内を健康に保つという役割を担っています。唾液量を増やすことが、歯の健康に繋がるのです。


この記事をシェアする
▲ PageTop