歯の健康を保つ定期検診

>

いつまでも自分の歯でご飯を食べたい

歯の定期検診に行くべき理由

歯科に行ったことはありますか。歯科という場所は、行く人はたくさん行くのですが、行ったことがない人はとことん行く必要がない場所だと思います。しかし、特に異常を感じなくても、歯の定期検診に行くべきです。
まず虫歯は直接目視できないところに発生することがあります。痛くなってからでは遅いので、早期発見が大切です。また、歯周病の有無を調べるためです。歯磨きをきちんとしていても、歯周ポケットが深くなってしまうことはあります。歯周ポケットが深いと、歯周病になってしまいます。歯周病は若くても発症する可能性のある病気なので、こちらも早期発見が鍵となります。このように、定期検診は歯の疾患を予防し、早期発見しようとするためのものなのです。

歯の定期検診に行く頻度とは

歯の定期検診の頻度については、それぞれの病院によって指示があるかと思います。
ただ、特に指示がない場合や目安を知りたい場合は、下記を参考にすると良いでしょう。
まず、3か月に1度が最も一般的な頻度であるといわれています。適切な治療を受けてから、細菌が増殖するまでの期間が約3か月だからです。
ただし、歯のセルフケアが苦手な人や歯周病の人は1、2か月に一度という風に期間を狭める必要があると思います。歯の状態が良くない場合は、担当医からの指示があると思うので、それに従いましょう。逆に、歯並びがよく、虫歯もない健康的な歯の人は、半年に一度で十分でしょう。
自分の歯の状態に合わせて、定期的に検診を受けましょう。


この記事をシェアする
▲ PageTop