>

種類による靴の選び方

子どもの靴の選び方

小さなお子さんの靴を買うのにネット通販はオススメです。
小さいお子さん連れだと、ゆっくりお店で選べない場合も多いので、便利に活用していきましょう。

まず、子どもの足のサイズを測ります。足は、地面に足をついているときと、そのまま足を持ち上げて測る場合とでは少しサイズが変わります。
したがって、立っている状態で測ったほうがいいです。
足のサイズを測れる足型がネットで公開されていたりするので、プリントアウトして使うと、測りやすいです。

そして、測ったサイズより0.5~1センチ大きめの靴を購入するとよいです。
子どもの成長は早く、半年もすればサイズが変わってしまうこともあるので、大きめを買っておくのに損はありません。

スニーカーの選び方

スニーカーを選ぶ際は、メーカーごとのサイズ感を事前に把握しておくと、ネットでも買いやすいです。
また、サイズの考え方として、日本のメーカーは日本人に合ったサイズ、ヨーロッパのメーカーであれば細め、アメリカのメーカーはやや細めだということを知っておくと、選ぶ際の参考になります。

しかし同じメーカーの商品であっても、デザイン、スタイルによって多少サイズが異なります。
例えば、アスリートモデルやジムでのトレーニングモデル、フットサルモデルは足にぴったりフィットする細めです。
ウォーキングモデルは、やや広めです。
それらの目的のためでなく、ファッションアイテムとしてスニーカーを履く場合は、その点に注意して選ぶとよいです。



ページ
Topへ