>

靴のサイズのチェック方法

自分に合う靴の選び方

ファッションアイテムを選ぶのには、人それぞれ好みや基準などがあるでしょう。
好きなテイスト、カラーなどの好みはもちろん、普段使いなのか、特別なとき用なのか、仕事で使うのかなどの用途を考えて選ぶ場合も多いでしょう。

また、サイズも重要です。服の場合だと、ぴったりしたシルエットが好きな方、ダボっとしたオーバーサイズで着たい方などさまざまです。
しかし、靴においては、サイズが自分にぴったりでなければ、歩きにくかったり、そのせいで他の部分の筋肉に負担をかけたり、靴擦れしたりします。

靴のサイズもメーカーによって、多少大きさが変わることもあり、試しに履いて確認すべきです。
試し履きでは、面倒がらずに両足とも履くこと、少し歩いてみること、しゃがんだり、立ったりすること、片足で立ってみること、これらを全て試すことがポイントです。

ネットで靴を選ぶポイント

試し履きが必要なことから、ネットで靴を買うのをためらう方も多いです。
しかし、しっかりと靴選びのポイントをおさえれば、ネットで気軽に、お手頃価格で靴を買うことができます。
急にフォーマルな場にいかなければならなくなった、スポーツをすることになった、なんてときに買いに行く時間がない場合にも役立ちます。

まず、試し履きのような感覚で、ネットで注文して届いた靴を履いて合わなかった場合に返品可能かどうかを確認しておきましょう。返品する際の返金制度などもしっかりチェックしておけば、安心して靴をネットで買うことができます。

次に、サイズ表記についてです。
足の長さであるサイズ表記だけでなく、足囲も表記してあると親切なサイトは、信頼がおけます。
足囲は、細めのC、やや細めのD、普通のE、やや太めのEE、太めのEEE、とても太めのEEEEというのがあります。
自分の足の形、サイズなどをしっかり把握しておきましょう。



ページ
Topへ